TOP日本産リストカタログ文献情報写真館古文書館こぼれ話LINKS制作者の小部屋

最近のトビケラ採集行などを備忘録を兼ねて掲載します。

   
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
2015年 2016年 2017年 2018年            
2019年11月15-17日(金-日)
第43回水生昆虫研究会(岐阜県恵那市)
今年の水生昆虫研究会が中部大学研修センターで開催された.学生さんなど若い研究者の発表が多く,老化のうえ怠け気味の頭にはよい刺激.二日目のエクスカーションでは,庄内川の源流部で採集するとともに会場の研究センター内の湧水湿地にも案内していただく.東海地方の丘陵地にしばしば見られる小規模な湿地だそうで,どこに水があるのか分からないほどの環境だが,ヒメタイコウチなど珍しい虫がいるという.最近調べ始めたキマダラシマトビケラ類がいてもおかしくない環境だが,庄内川の源流では幼虫を見かけたものの,ここでは採集できず.
2019年7月13日(土)
葛葉緑地(神奈川県秦野市:金目川水系)
かながわのナショナルトラスト第1号となった葛葉緑地を流れる葛葉川.この川との付き合いは長く,自宅から遠くないので退職後も毎月行われる市民グループの定例調査に都合のつく範囲で参加してきたが,特にトビケラ目的で調査したことはないので「トビケラめぐり」にも登場しなかった.景観的には見事な渓谷美のこの川は,昔は下水が流入しろくな水生生物のいない川だったが,市民による保全活動や下水道の整備に伴いトビケラを初めとする水生昆虫も住めるようになってきた.そこで,今ここにはどんな水生昆虫がいるのか?幼虫では同定できない種も多いので,1年間成虫を採集することになりトビケラの同定を担当することになったので,初登場.
きれいになってきたとはいえ,まだシマイシビルやミズムシが目立つ川.あくまで現時点での正確なトビケラ相の把握が目的で,面白い発見などは期待していなかったのだが・・・5月のパントラップにミナカワトゲタニガワトビケラ Kisaura minakawaiが大量に入っていたことを知る.この種を含むトゲタニガワトビケラ属の幼虫は世界でも未発見というが,どこにいるのだろうか?段丘崖が続くこの緑地にはカワトビケラ類が好む滴れ水も多いのだが,今までそれらしき巣を見たことはない.小さな川で調査場所は限られるので謎解きができるかもしれないと,俄然興味が湧いてきた.
どんな川もあなどってはいけない.

このページの先頭に戻る